逆上がりを英語で言えますか?

よく英語系の本で「煽り系の本」があるじゃないですか。「あなたは『逆上がり』を英語で言えますか?」みたいな。
いや、「それは俺も言えない」って思う訳ですよ、内心(笑)
でも、「スマホでゲームをする」「スタバで働いている」とかはサクッと言えないと会話で困るわけです。
という訳で「中学英語ができれば、英語は話せる」では中学校で習った英文法を確認しつつ、その一歩先の実用的な表現を習得できるように色々と工夫しています。
中学英語本ってなぜか例文まで簡単に(というか子供っぽく)しちゃうものが多いのですが、それに対しては以前から懐疑的で「大人の会話も大半は中学で習う英文法で行われているんだから、もっと日常的な表現を中学英文法に落とし込んだ学習書があればよいのに」と思っていたわけです。
で、本書ではレッスン2「一般動詞文」の練習問題でも以下のような実践的な英文を学んでもらいます。

・私は日曜日に部屋を掃除します。
・兄は週1回フランス語を学んでいます。
・弟はいつもスマホでゲームをしています。
・多くの人が朝9時に仕事を始める。
・多くの会社では社員は65歳で退職する。
・彼女はカフェで働いているのですか?・
ウィリアムは電車で会社に行きますか?

こんなことがパッと英語で言えるようになることがタイトルである「英語は話せる」の定義かなと考えて書いた本です。

カテゴリー: ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください