講師紹介・理念

講師紹介




吉田豪(よしだたけし)

吉田豪(よしだたけし)1960年代(昭和40年代)1月生まれ。水瓶座でAB型。

小学校中学校は地元足立区の公立小中に通う。わりとワイルドな環境で多感な時期を過ごす。高校は当時第五学区(中央区、台東区、荒川区、足立区)のトップ校であった都立上野高校に進学。その後教員を目指して上智大学文学部史学科に進む。大学では近代フランス史専攻。(でもフランス語は大の苦手でした)

高校、大学時代は柔道部に所属。柔道弐段。大学4年の秋、柔道部を引退後になぜか当時大学の近くにあった帝拳ジムに通いボクシングを始める。当時はまだバブルがはじける前で、就職活動も売り手市場だったが、就職活動は一切せず、実家も出てしまったので、両親も頭を抱えていた(らしい)。

この頃非常勤講師としてその後25年に渡り勤務することになる早稲田アカデミーに入社。またほどなくして芝学園に非常勤講師としても勤めるようになった。午前中は中学校で歴史を教え、昼はボクシングの練習をし、そして夜は進学塾講師として教鞭をとっていた。大学卒業後にプロボクサーのライセンスを取得し、足掛け2年間、プロのリングに上がる。(戦績は7戦4勝3敗)自分にボクシングの才能がないことに遅まきながら気づき、プロボクサーを引退。

翌年、早稲田アカデミーで正社員として本格的に指導し始める。最初に赴任した高円寺校では小3の算数から高3の英語まで幅広く指導。その後大学受験指導を専門として、本社教務部高校課(大学受験部門)課長、東大必勝コース(大学受験)責任者、筑駒必勝コース(高校受験)責任者を歴任。
高校課長時代には当時わずか1名だった早稲田アカデミーの東大合格者数を、5年間で93名にまで伸ばし、業界でも注目を集めた。その後個別指導部門に移ってからは個別進学館池袋東口校校長として、個別指導のノウハウを研究、業績を大きく伸ばした。2015年入試では個別進学館全校舎中トップの合格実績をだし、また顧客満足度アンケートでも最優秀校として表彰された。

2015年3月早稲田アカデミーを(円満)退社。2015年4月より長年指導してきた池袋の地に吉田塾を開設。本当に成績を上げ、志望校に合格させられる良質な指導を多くの方々に提供すべく日々研鑽を重ねている。

理念

  1. ① 受講者にとって本当に役立つ英語指導の提供
  2. ② 英語指導技術の伝承、素材の提供
  3. ③ 日本人の英語運用能力向上に対する貢献

大学入試

よく日本人は英語ができないと言われます。英語が母語または公用語ではない他国の人の平均的な英語力がどの程度のものか、私は正直あまりわからないので、世界的な尺度で日本人の英語力がどの程度他国の人々の英語力より劣っているのかなんとも言えません。しかし、日本人が英語に傾けている時間や努力の量とその結果手にしている英語力を比較すると、日本の英語教育には、やはりなにかしらの問題があると考えざるをえないでしょう。
そしてその問題点の主要な原因の一つは間違いなく受験のための英語学習と学校教育(特に義務教育)における英語学習の混同にあると言えます。よく大学入試や高校入試が日本の英語教育の問題の核心だとしてやり玉にあがりますが、私はそうは思いません。入試英語が問題というよりも、学校における英語教育がどこに照準を当て子供たちを指導するかという点においてぶれがあることが、むしろ問題なのだと思います。

個人的な見解としては学校における英語教育は(特に小中学校においては)やはり、コミュニケーション(聞く・話す)にもっと比重を置くべきでしょう。日本人の英語に一番欠けているのは、実際に英語を使う場面(経験)があまりにも少ないということです。学校の授業はもっとスピーキングやリスニングに時間を割くべきでしょう。そしてしかる後に、希望する人や必要な人(=大学進学を目指す人)にはアカデミックな英語をたっぷりと教えればよいと考えます。

中学教科書

さて、日本の英語教育のもう一つの大きな問題は、英語教員の英語力が低いことが挙げられます。これも他国との比較をしたわけではありませんが、私のこれまでの経験や各種のデータを見る限り、英語指導者の英語力が絶対的に低いと言わざるを得ないのが実情です。この傾向は小学校での英語教育が義務化されていくなかでますます顕著になっていくと考えられます。

また公的教育機関の英語教員の英語力の低さも問題ですが、私的教育機関、つまり塾・予備校講師の英語力の低さもひどいものです。私がこれまで見てきた塾・予備校講師の中には、自分が教えている生徒の志望校の入試問題で合格点が取れない、というお粗末な講師がたくさんいました。個別指導や高校受験の塾講師には大学生がたくさんいますが、いくら有名な大学に合格したと言っても、日本の学生は一般的には入試が終わればあまり勉強しませんから、英語力は落ちる一方です。

高校受験過去問

もちろん、英語のできない英語講師に英語を教えられる生徒こそが一番の被害者です。そんな生徒を少しでも減らすために貢献したい、そんな思いであまたある塾に加えて、さらに塾を開業したというわけです。もちろん自分が教えられる生徒には限りがあります。そこで自塾設立を機に、私がこれまでの経験で培ってきた英語教授法や進路指導のノウハウに関してもブログや動画の公開といった形でオープンにしていきたいと考えています。
私は何も自分の教え方が最高だと考えているわけではありませんが、それなりの経験や実績があり、生徒の英語力を上げるという点において一定の効果があると信じていますし、日々研鑽を重ねてもいます。ですから若い英語指導者には、私が公開する指導法や指導内容を「最低限クリアして欲しいレベル」「生徒にウソを教えて不幸にしないレベル」の目安として見てもらえればよいと考えています。

そして、そうすることで、少しずつであっても、日本人の英語指導者のレベルが上がり、ひいては日本人全体の英語運用能力の向上にほんの少しでも貢献できればよいと考えているのです。