東京の英語塾

東京には実にたくさんの英語塾がありますね。
それだけ、良い英語指導を求めている人が多いということでしょうか。

実際、「東京」「英語塾」というキーワードでググって(googleで検索をして)みたら、
なんと1,520,000件もヒットしました!
もちろん、東京に英語塾が152万あるという訳ではないのですが、
それにしても多い。

ちなみに、「東京」「英会話」というキーワードでググると、
960万件ヒットしました!
やはり、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控えて、
英語熱、英会話熱はとどまるところを知らない勢いです。

私は別にその時流に乗って(流されて?)独立したわけではありませんが、
(なにせ学生時代から数えると30年近く英語を教えているので)
改めて「ライバル塾」の多さに驚きます。

さて、最近の英会話の流行はやはり「skype英会話」でしょうか。
パソコンの画面を通じて、先生と会話するアレです。
で、「どうなんですかアレ?効果ありますか?」
と聞かれることも多いのですが、とてもいいと思います。

「いい」というのは英会話のアウトプットの練習には良いし、
何より、外国人と英語で話す「度胸」がつくのが最大の利点でしょう。

一方で、スカイプ英会話はツールが変わっただけで、
昔からある「駅前留学」と何ら変わりはありません。
その点で、週に何回か20分程度英語を使って会話をするだけでは、
根本的な英語力は上がらないので、スカイプとは別に、
英語力のベースを広く、高くする地道な訓練が必要でしょう。

その地道な訓練の一つが「音読」です。
実は英語業界?の中では最近「音読」がブームです。
有名なのは「どんどん話すための瞬間英作文」という本です。

これはドラゴン桜の竹岡広信先生も東進ハイスクールの安河内哲也先生も
お勧めしている「英会話」の本です。
(詳細はまた今度書かせて頂きます)

吉田塾でもこの「音読」を非常に重視しています。
特に英語を初めて本格的に学ぶ中学1年生や
英語のやり直しを図る社会人の方の指導プログラムには
必ず取り入れて行きます。

具体的な手法は次に譲りますが、
音読の訓練を徹底するだけで、
一気に英語が話せる(口をついて出てくる)
ようになるのです。

興味がわいた方は「ググって」みて下さい。

では!

カテゴリー: ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*